ドイツ整形外科靴マイスターの健康靴とオーダーインソールの店 ネイチャーズウォーク  

セミオーダーパンプス


多くの女性が、足に合わないパンプスなどを履き続けたことで、外反拇趾や開張足、タコ(ウオノメ)などの悩みを抱えています。

本来、足の健康を考えるとパンプスはパーティなど特別な場所でだけ履いてほしいのですが、どうしても、お仕事でパンプスが必要な方には、ご自身の足の状態に合わせた「セミオーダーパンプス」をご提案します。

カラーは9色、サイズは20.5㎝~27㎝、足幅もD~4Eまでと1モデルで56ものサイズ展開が可能です。

ただし、ヒール高は25㎜と少し低め!これ以上のヒールは、足首の問題や外反拇趾、開張足、尖足などの問題を引き起こす可能性もあるので、ネイチャーズウォークでは、お勧めしていません。

■本体価格(税別)35,000円 ~ 60,000円(セミオーダー加工調整代金込)


↑ PAGE TOP

セミオーダーの流れ(一例)


正式なサイズをオーダーするために、フットプリントを採り、足幅、踵回りの採寸も行います。

セミオーダーの流れ

セミオーダーの流れ

定番のブラック、女性らしいパールピンクなど、9種類の革見本から色やデザインを決めていただけます。

セミオーダーの流れ

セミオーダーの流れ

2カ月の製作期間をいただき、セミオーダーパンプスが完成します。

セミオーダーの流れ

特に、開張足のタコや足裏の痛みがある方は、オーダーインソールとセットで、足裏をやさしく包み込むような履き心地をお届けします。「今までで、一番履きやすいパンプス」と言ってほしくて、このセミオーダーパンプスをご提案しています。




↑ PAGE TOP

お気に入りのパンプスを「コンフォートに大改造」


お手持ちのお気に入りパンプスを大改造して、コンフォートパンプスに加工し直すことも可能です。

例えば、足裏にタコがあり痛みを伴う方=バタフライローリングソール加工(税別25,000円)
左の写真は、加工済のパンプスです。どこを直したかというと、右側の写真を見ると左右で前足部の下の厚みが違うのが分かると思います。一番右が加工前の状態です。インソールの大改造はマル秘テクニックなのでここでは公開しませんが、ソールも前足部に体重がのった瞬間に、やさしいローリング歩行で痛みの緩和につながり、長く歩いても疲れない構造になっています。

お気に入りのパンプスを「コンフォートに大改造」

お気に入りのパンプスを「コンフォートに大改造」

股関節のトラブルなどにより、左右の足(脚)の長さが違う方のヒール加工など、パンプスの持つ美しさを損なわないよう、配慮しながら調整いたします(税別10,000円~)。

2㎝以上の脚長差調整が必要な方は、ただ単に片方のヒールを高くするのではなく、前足部とのバランスを取りながら、なおかつ長い側のヒールを分からないようにカットするなど、丁寧に仕上げます。

このように、パンプスを健康的かつ美しく仕上げられるのは、さすが「整形外科靴マイスター・リーヒェの技」なので、全国の有名靴店さんからも、加工依頼がたくさん入ってくるのです。

Nature's Walk(ネイチャーズウォーク)

↑ PAGE TOP