ドイツ整形外科靴マイスターの健康靴とオーダーインソールの店 ネイチャーズウォーク  

フルオーダーシューズのご紹介


足の変形や痛みが激しい方には、フルオーダーシューズがお勧めです

フルオーダーシューズのご紹介

フルオーダーシューズとは、どのような足の方でも履いていただける世界でたった一つの特別な靴のことです。

医療靴先進国ドイツの国家資格を持つ「整形外科靴マイスター(オートペディシュー・テクニカ・マイスター)」が、足の採型から靴の完成まで責任を持って製作いたします(製作期間 約60日)。

足の痛みや変形を伴うご病気(膠原病・リウマチ、内反足、尖足、糖尿病足病変、二分脊椎、ポリオ、脳性小児麻痺、脳卒中、椎間板ヘルニアなど)の方、不慮の事故で足趾切断、皮膚移植、各関節固定術、各人工関節手術などを受けられた方など、フルオーダーシューズはさまざまな足の問題に対応します。

「今まで、いろいろなところで靴を作ってきたけれど満足には至らなかった」という方も、今までと違ったドイツの先進技術、豊富なデザインから選べる整形外科靴マイスターのフルオーダーシューズを、ぜひお試しください。

足に問題のある多くの方から「初めは良くても、しばらく履いてみないと足の痛みは分からない」との声に応え、靴のお渡し後もマイスターによる1年間の修理・再調整など、安心のサポート付きです。
(※万が一、こちらの技術的問題により靴が合わない場合は、再製作をお約束します)


↑ PAGE TOP

多くの方がオーダーシューズに望むこと、それは…

多くの方がオーダーシューズに望むこと、それは…

  • 足の痛みなく歩きたい
  • 足の変形をくい止めたい
  • 足趾切断のリスクを避けたい
  • 片麻痺や脚長差があってもスムースに歩きたい
  • 硬い装具をはずしても歩ける靴がほしい
  • 足の病気を感じさせないデザインやビジネスシューズ
  • 事故後も以前と変わらない生活、旅行がしたい……など

皆さまのご要望と最適な技術を提供できる靴の形を求めて、じっくりカウンセリングも行います。


↑ PAGE TOP

フルオーダーシューズ料金と主な工程


足のチェックと採型

フルオーダーシューズは、腰から下のバランスや素足での歩行状態など細かなチェックをするほか、フットプリント、採寸、シャウム採型、ギブス採型など、靴と靴の中に入るアインバウタイル(装具)を作るために必要な、様々な足のデータをとります。(概ね1.5時間)


↑ PAGE TOP

ラスト(靴型)とフルオーダーシューズの製作

ラスト(靴型)とフルオーダーシューズの製作

ギブスで固めた型を基に、足の形のラスト(靴型)を製作します。

フルオーダーシューズの製作工程で一番重要なのは、「靴をどう作るか」の判断にあります。「痛みの緩和」「足の矯正」「歩きやすさ」「見た目へのこだわり」など、トータルで喜んでもらえる靴作りは、ラストの良し悪しで決まると言っても過言ではありません。履く人の足と喜ぶ笑顔を思い浮かべながら、1足1足丁寧に仕上げます。この難しいラスト製作をどれだけ行い喜ばれてきたかで、マイスターの力量が決まると言ってもよく、フルオーダーシューズのリピーター様の多さが、リーヒェの誇りでもあります。そして、すべての工程がマイスター リーヒェ一人の手作業のため、工房には常に個性的なラストたちが、靴になる順番待ちをしている状態です。(概ね5日)


↑ PAGE TOP

フルオーダーシューズの中には、その方に必要な装具類も入っています。

リーヒェのフルオーダーシューズには、内反足や外反扁平足、尖足、足指切断、麻痺や足関節の問題など、足裏の変形や痛みの緩和だけでなく、足関節の歪み、脚の長さの調整など、必要なサポートがすべて靴の中に入れられるのが特徴です。中に入る装具類と靴が一体化しているので、既存の装具よりも概ね軽量・コンパクト。この技術で、靴のフィット感(やさしく包まれる履き心地の良さ)を高め、見た目も軽やかに仕上がるのです。

フルオーダーシューズ

内反尖足の例(外反足も同様)

フルオーダーシューズ

足指切断の例
(両足の切断・欠損も踵が残っていれば靴は可能)

フルオーダーシューズ


脳卒中(片麻痺)、足首(足関節)が不安定な例
(麻痺の度合いや体重により芯材・強度を変えます)


↑ PAGE TOP

ラストが完成すると、アッパー(甲革)作りに入ります。

履きやすさと機能性を最優先に考えたご提案をし、デザインは、オーソドックスな紳士靴、クロコダイル型押しやエナメルでドレッシーに、カラフルなスニーカータイプなど、300種類のアッパーデザインよりお好きな色や形を選んでいただき、マイスターが信頼を寄せるドイツの熟練したアッパー職人の元へ。より美しく最高級のドイツ製皮革で仕上げます(概ね40日)。

注) お急ぎ靴が必要な方は、比較的シンプルなデザインで国内にてアッパー製作を行います(概ね14日)。


↑ PAGE TOP

アッパーが縫い上がると、いよいよ靴作りに入ります。

靴作り

ラストに合わせ、アッパーをつり込んでいきます。この時、靴の芯材など体を支える材料は軽くて柔軟性のある樹脂素材や天然皮革を、ライニングなど繊細な肌に直接触れる部分は傷にならないよう、抗菌性の医療素材や天然ソフト皮革など、その方の足の状態に合わせて最適な素材を選んで作られます(概ね7日)。

例えば、糖尿病足病変などで、足の半分を切断されたとしても、フルオーダーシューズならば、再び歩くチャンスが残っています。

下の写真は、ショッパール関節で切断された方のフルオーダーシューズの例です

フルオーダーシューズ(ギブス採型・ラスト製作費込) 1足(税抜) 350,000~500,000万円

大半のケースは35万円で製作可能。両足足指切断など、ほぼ義足に近い靴のみ50万円になります。
片足のみのオーダーも可能です。
詳しくは、マイスター相談会にてご相談ください。

フルオーダーシューズ
  交通事故で…(A様)

フルオーダーシューズ
  骨折を繰り返し…(B様)

フルオーダーシューズ
  脊椎の問題で歩行困難…(C様)

フルオーダーシューズ
  リウマチ変形で…(D様)


↑ PAGE TOP

ネイチャーズウォークのフルオーダーシューズ


「フルオーダーシューズ」それは ……
個性的な足のための、世界でたった1つの大切な靴

リーヒェのフルオーダーシューズは、もしかしたら、日本で一番高価な整形靴かもしれません。でも、失った足の機能、歩くための機能を補い、痛みを和らげ、あるいは、将来起こり得る変形をくい止め、傷を塞いでいくために必要な様々な機能が備わっています。

リーヒェのフルオーダーシューズに最後の望みをかけ、作られた方の多くがリピーター様です。

「再び歩けた」「仕事に復帰できた」「旅行に行けるようになった」「ゴルフにも行けた」「他の子と変わらない学校生活を送っている」「車椅子生活から歩く生活に変えられた」「一人で買い物に行ける」「家族にも明るく前向きになったと喜ばれた」…

など、多くの方から喜びの声をいただいています。

もしも、製作に2カ月かかり1年間の無料修理保証が付いた35万円の靴で、病気や事故後も歩く不自由なく、元の豊かな人生を取り戻せるとしたら…と、想像してみてください。
(注:製作途中でのキャンセルはできませんが、お約束した効果が得られない場合は無料にて再製作をお約束します)

« よくあるリピーター様の声 »

1足目…「とにかく痛み無く歩ければいい。まずは冠婚葬祭にも履ける黒の革靴で」

2足目…「海外旅行に行くの! 避暑地で履くオシャレなサンダルを作ってほしい」

3足目…「またゴルフができるかも? ゴルフ場で浮かないスニーカーのデザインが欲しい」など。

1足目で希望が持て、早く2足目、3足目が欲しくなる…、それがフルオーダーシューズの評価です。


↑ PAGE TOP

世界でひとつ、あなただけの靴


上記写真はすべて「フルオーダーシューズ」の製作事例です。足の問題が重度の場合は、ハーフブーツのデザインをお勧めしています。


↑ PAGE TOP

Nature's Walk(ネイチャーズウォーク)

↑ PAGE TOP