ドイツ整形外科靴マイスターの足と健康靴の専門店「Nature's Walk(ネイチャーズウォーク)」  

ショップのご案内


2014年3月9日にオープンした「ネイチャーズウォーク」は、国内で唯一の「ドイツ人整形外科靴マイスター」が経営する健康靴ショップです。

足 にトラブルを抱えた人だけでなく、いつまでも健康に歩きたい、ただ楽しく歩きたいなど、皆さんの足の状態と膝・腰のバランスを拝見し、目的に合った最適 な靴づくりをしていくお店です。健康な方から足のトラブルをお持ちの方まで、「すべての人の歩きたいをかなえる」を合言葉に、「オンリーワンの靴作り」を行っております。


>> お店への行き方についてはこちら
>> 株式会社Nature's Walkについてはこちら

ネイチャーズウォーク

ロゴマークに込めた想い

1.日本人のために開発した国産靴の中に込めたドイツ整形靴技術を、国旗の融合(日本の中のドイツ)に例えています。ネイチャーズウォークは日本のシュービジネスをドイツの技術で支えます。

2.歩くことは人の自然な基本動作で、人は歩くことで骨や筋肉、血流といった体の大切な機能を正常に維持できるよう作られています。また、自然の中の散歩はドーパミン効果で幸せな気分にもなります。ネイチャーズウォークは、病気・事故・高齢などで歩くのがつらい方も、健康に歩きたい方も、「すべての人の歩きたい」を足もとから支えます。

マイスター&スタッフのご紹介

高度な靴製作技術と整形外科的知識も併せ持つ「整形外科靴マイスター」が責任を持って皆様の靴作りと指導にあたっています。 スタッフも豊富な知識を持つ技術者たちなので、安心してお任せ下さい。

ドイツ整形外科靴(オートペディ・シューテクニカ)マイスター
Karsten Rieche(カーステン リーヒェ)

ドイツ整形外科靴(オートペディ・シューテクニカ)マイスター Karsten Rieche(カーステン・リーヒェ)

マイスターから皆様へのメッセージ

「もしもあなたが、足の変形や痛みなどの問題を抱え、今まで誰も助けられなかったとしたら、私には、まだあなたの足の手助けをするチャンスがあります。たとえ今、痛みがなかったとしても、扁平足や外反拇趾が、将来あなたにどんな悪影響を与えるのかを想像し、早めのケアを考えてください。足は、毎日あなたを支え、立って、歩いて、時にはスポーツで酷使されています。大切なパートナーをいたわるように足もいたわってください。時に足は、腰痛・肩こり・頭痛などの症状であなたに足の裏の歪みを訴えていることもあります。

靴は、ファッションだけではありません。正しい靴選びと足にあった快適なインソール(中敷)を使用することで、あなたのライフクオリティを向上させる力を持っています。一生涯、ご自分の足で元気に歩きたいとは思いませんか?」

<略歴>
整形外科靴工房R・I・O設立。日本各地の専門店と提携し、オートペディ・シューズ製作技術指導および製作にあたるほか、アフリカを中心に技術指導ボランティア活動を行う。

1966年
ドイツ ザクセン・アンハルト生まれ
1986年
ゲゼレ国家資格試験合格
1986~95年
ゾーリンゲン、デュッセルドルフ、バイエルン地方などの工房で靴職人修行経験を積む。
1996年
Meister Schule BFO Hannover(ハノーバーのマイスター養成校)卒業、マイスター国家資格試験合格。同校よりオートペディ・シューテクニカ・マイスターの称号を授与される。
1997年
来日。東京都の整形外科靴技術専門校「フロイデ」講師ほか、整形靴製作にあたる。
2007年
埼玉県にて整形外科靴工房 R・I・O設立。日本各地の専門店店と提携し、オートペディ・シューズ製作技術指導および製作にあたるほか、アフリカを中心に技術指導ボランティア活動を行う。
2008年
神戸健康靴研究会のメンバーとして健康靴の共同開発にたずさわり、10月、日本人のためのコンフォートシューズ「gute wahl(グーテヴァール)」が発売開始
2009年
千葉県に移転。R・I・Oサロンオープン。
2012年
ラッキーベル㈱との共同開発による健康靴「ラポーター・アクティブ」発売。
2013年
Nature’s walk株式会社設立  代表取締役就任
2014年
ネイチャーズウォーク本店オープン。
2016年
ネイチャーズウォーク そごう千葉店オープン。

<講演・その他の活動>

2007年 2008年
Deutsche Leprahilfeの派遣により、ウガンダ(Buluba)のSt. Francis Hospitalにて靴型装具製作技術指導ボランティア活動に従事。以後、個人的支援を継続。
北海道工業大学工学部医療福祉工学科 装具学実習講師
2010年
第8回フットケア研究会市民公開講座(福岡大学病院、糖尿病フットケア研究会主催)
2011年
第7回日本整形靴技術協会学術大会(日本整形靴技術協会主催)
2011年
IVOJAPAN 特別セミナー(日本整形靴技術協会主催)
2012年
IVOJAPAN 特別セミナー(日本整形靴技術協会主催)
2013年
第9回日本整形靴技術協会学術大会・教育セミナー(NPO法人足もと健康サポートねっと主催)
2014年
東京医科歯科大学付属病院皮膚科外来医長高山かおる医師を中心とした「足育研究会」技術顧問
2015年
第29回日本靴医学会学術集会 シンポジスト

>> ドイツ整形外科靴マイスターによる足と靴のご相談会

大沼 幸江(Yukie Oonuma)

大沼 幸江(Yukie Oonuma)

「約 20年出版業界に身を置いていて私が、なぜ、今、健康靴を売っているのか? それは、20代の頃、山スキーの最中に転んで膝を壊したからにほかなりません。右膝半月板損傷手術後も続く膝の痛み、右足の捻挫癖は治らず、その後は膝と足首にいつもサポーターを巻いて暮らしていました。その足で懲りずに登山を 続けた結果、左の膝も痛みだし、結局数年後に左膝半月板も手術し、ついでに捻挫癖も手術する? という話になったころ、ドイツ整形外科靴マイスターに出会い、靴とインソールを作ってもらったのでした。

いつしか膝の痛みも捻挫も治まりましたが、治ったわけではないのです。正座など、ちょっと無理な姿勢をとれば直ぐに痛みはぶり返します。でも、インソールの上に足を乗せて歩いていれば、全然痛くないのです。マイスターいわく「膝に負担が掛からないよう、体のアライメントをインソールで整えている」のだそうです。こんな風に、靴とインソールのおかげで趣味のアウトドアをあきらめずに人生を送る私は幸せ者だと思います。その幸せを、一人でも多くの「歩くこと をあきらめた」方に伝えたくて、今、ここにいます。」

東京都生まれ。業界出版社勤務、フリーライターを経て、整形外科靴工房R・I・Oマネージャーに。
リーヒェマイスターの通訳兼アシスタントとして全国を飛び回る。社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員。社団法人 足育研究会 理事(フットウェア部門担当)。Nature’s walk株式会社取締役。
趣味:旅行、ノルディックウォーク、ダイビング、自然観察、ガーデニング

杉村 圭一朗(Keiichirou Sugimura)

杉村 圭一郎(Keiichirou Sugimura)

「私たち整形靴技術者の喜びは“足が痛くて歩けない” “足に合う靴が中々見つからない”と「歩きたい」が困難な方々が歩く喜びをもう一度感じていただくことです。あなたの「歩きたい」を必ずサポートいたします。

おいしいコーヒーをいれてお待ちいたしておりますので、まずはお悩みを聞かせて下さい。」

熊本県生まれ。神戸医療福祉専門学校・三田校整形靴科卒業。FHA・シューフィッタープライマリー、社団法人日本義肢協会・靴型装具製作者認定取得。コンフォートシューズショップ勤務を経て、リーヒェマイスターに師事。
ネイチャーズウォーク本店店長、ドイツ・オートペディ・シューテクニシャン。
趣味:ハイキング、神社仏閣巡り

山﨑 美幸(Miyuki Yamasaki)

山﨑 美幸(Miyuki Yamazaki)

「私が靴と初めて向き合ったのは、靴メーカーに就職してからのこと。

市販の靴に疑問を感じ、一人ひとりのお客様と接しながらお役に立てる仕事がしたいと思ったのがはじまりです。

お客様の気持ちに寄り添い、足のお悩みが少しでもなくなり、笑顔で歩けるようお手伝いいたします。」

兵庫県生まれ。神戸医療福祉専門学校・三田校整形靴科卒業。FHA・シューフィッタープライマリー、社団法人日本義肢協会・靴型装具製作者認定取得。製靴メーカー、シューズショップ勤務を経て、リーヒェマイスターに師事。
ネイチャーズウォーク本店ドイツ・オートペディ・シューテクニシャン。
趣味:人とのコミュニケーション、田舎暮らし、ガーデニング

山川 広樹(Hiroki Yamakawa)

山川 広樹(Hiroki Yamakawa)

私は自身がケガで装具を着けた経験から義肢装具士を目指し、今年資格を取得することができました。治療用装具はケガが治ると外してしまいますが、インソールや靴は体のアライメントを正し、痛みや変形を緩和するために毎日履き続けるものです。 そんな生活の一部に携わり、皆さまの「歩く」をサポートしていけたらと思います。

義肢装具士となったことでショップのお客様の他、千葉大学医学部附属病院糖尿病・代謝・内分泌内科、形成・美容外科足の傷ケア外来、東邦大学医療センター佐倉病院皮膚科フットケア外来にて患者様のサポートをさせていただいております。

北海道生まれ。北海道ハイテクノロジー専門学校・義肢装具士学科卒業。
義肢装具士免許取得。専門学校卒業後、リーヒェマイスターに師事。
ネイチャーズウォーク本店 福祉・医療補装具部門担当、ドイツ・オートペディ・シューテクニシャン。
趣味:ウォーキング、音楽鑑賞、スポーツ全般

岩本 健治(Takeharu Iwamoto)

岩本 健治(Takeharu Iwamoto)

私が靴に興味を持ち始めたのは、何か人のためになるモノを自分の手で作り出したいという気持ちでした。

人の足はそれぞれ違い、一人ひとりの足に合わせた靴やインソールを制作する事で、お客様の無理なく歩きたいという気持ちをお手伝いします。

大阪府生まれ。社会人経験後、神戸医療福祉専門学校・三田校整形靴科を入学。
卒業後は、リーヒェマイスターに師事。
ネイチャーズウォークそごう千葉店店長、ドイツ・オートペディ・シューテクニシャン。
趣味:映画鑑賞、居合

森下 睦美(Mutumi Morisita)

森下 睦美(Mutumi Morisita)

靴の専門学校を卒業後、義肢装具会社に3年間勤めていました。その間に日々感じたことは、「靴の選び方や履き方を知っていただければ、足のトラブルが前もってずっと減らせるのではないか」―ということでした。

私自身もいろいろな靴を履きたいという気持ちがあり、皆さまと一緒に無理なく生活の一部になるような靴を選べたらうれしいと思います。

静岡県生まれ。神戸医療福祉専門学校・三田校整形靴科卒業。
FHAシューフィッタープライマリー取得。
義肢装具会社勤務を経て、リーヒェマイスターに師事。ネイチャーズウォークそごう千葉店テクニカル・アドバイザー、ドイツ・オートペディ・シューテクニシャン。
趣味:旅行、読書

 

Nature's Walk(ネイチャーズウォーク)

↑ PAGE TOP